読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はむつなブログ

日々感じたこと、考えたことなど書いていきたいです。

コスプレのススメ

秘かなコスプレ願望がある。

が、残念ながら思うようにはいかない。

 

コスプレの本質と醍醐味。

それは非日常性とエロティックさである。

 

そして何より自分が心から楽しめなければならない。

 

コスプレといえばハロウィン。

自分にとってベストな仮装を考えたい。

 

血のりをつけた白雪姫。

やりつくされて芸がない。 

 

アニメの美少女キャラクター。

文字通り次元が違う。

 

かぼちゃモチーフの着ぐるみ。

恥ずかしい。

 

そもそも30代の女がコスプレをやっていいのか。

 

 第一どこでコスプレを披露するというのか。

地方に住む人間にとってコスプレを披露する場所はない。

歩行者天国に行ける人間は限られている。

行きたいとも思わない。

仲間もいない。

大体、年に一度しかチャンスがないのはもったいない。

日取りを選ばないそんなコスプレはないだろうか。

そして年齢を選ばない。

且つ一人で楽しめるそんなコスプレ。

なるべくならお金もかけたくない。

 

そこで考えついた。

 

リクルートスーツである。

普段スーツを着ない人間にとって非日常的である。

なんだそんなことか、と思ったあなた。

大事なのはここからである。

 

左手の薬指に指輪をはめる。

 

求職中の人妻。

訳ありである。事情がありそうだ。

パートで探しているのか。

それともまさかフルタイムか。

 

エロティックである。

 

就活学生のようにピカピカのスーツはNGである。

ピカピカの鞄とパンプスもNGである。

少しくたびれたものをお勧めする。

思い切ってスーツにスニーカーでもいいかもしれない。

抜け感である。

 

その格好でウィンドーショッピングするのもいい。

けれどショッピングを楽しんではいけない。

ほしい服をみつけても買ってはならない。

求職中なのだから。

ショップ袋を肩にかけては絵にならない。

あくまでも、面接が思ったより早く済んで、時間をもてあましている、という感じがよろしい。

「さっき面接してくれた店長、わたしを見る目がなんかイヤだったな・・・。

 万が一採用されても断ろうかな。職場の雰囲気も思ってたより悪かったし・・・。」

この感じがいい。

今にもため息が聞こえてきそうな、この感じ。

 

この日の買い物は夕方に食料品を買うことだけが許される。

求職中なのだから。

 

公園のベンチで昼食をとるのもいい。

けれどコンビニで買った弁当を広げてはならない。

ハンバーガーにかじりついてもいけない。

家からおにぎりを持参しなければならない。

2個がいい。お茶付きで。

できればホット。

外で食べることに慣れない様子でまわりを気にしながら、こそっと食べる。

ベンチにはちょこんと、頼りなく浅く腰掛ける。

 

電車に乗るのもいい。

混雑した電車の座席に座る。

最初はスマホをいじってもよい。

けれど早めに切り上げて鞄にしまってください。

そしてカバーを付けた文庫本を取り出してください。

読みかけのページに目を落としてください。

文庫本を持つ左手の指輪を意識しながら。 

もちろん、この時本は一切読まなくて結構です。

 

そして万が一、知り合いに出くわした際。

なぜスーツを着ているかの返答は事前に用意しておいてください。

どんな理由を用意するかって?

それは各々考えてください。

血のりをつけた白雪姫の理由よりたやすいのですから。

 

街でうつむき加減のリクルートスーツを着た人妻と思われる女性を見かけたら、

くれぐれも「訳ありなんだな。」と思わないでください。

あなたはラッキーです。

 

彼女はコスプレパーティーの真っ最中なのですから。

お楽しみ中なのです。

訳ありなのです。